センター試験の受験勉強法

センター試験の受験勉強法

センター試験対策

Z会ってどれくらい難しいの?今なら『教材見本』present中!

 

センター試験対策

センター試験対策:なんといっても国公立大受験で1番重要なのはセンター試験です。国公立大学の大半は、センター試験の配点の方が2次試験の配点よりも高いので、現役合格を目指す受験生は、『センターでいかにたくさん点を稼ぐか』、をまず考えるべきです。実際、現役合格する受験生のほとんどはセンター試験で点を取っています。


 そして、センター試験を考える上で欠かせないのが『換算得点』と呼ばれるものです。換算得点とは、各大学によって決められている得点圧縮率のことで、英語200点満点100点に圧縮する(1/2倍)大学もあれば、50点に圧縮する(1/4倍)大学もあります。実際に入試で使われるのは、この圧縮された換算得点なので、800(900)点満点で何点とれたかではなく、換算得点で何点取れたか、を計算しないと意味がありません。
 換算得点についての1つ事例を紹介します・・・


 K大学(文系)の換算得点 英語50 数学50 国語50 理科(1科目)50 社会(1科目)50 合計250点満点としましょう。

英語 数学 国語 理科 社会 合計
センター試験の配点 200 200 200 100 100 800
換算得点 50 50 50 50 50 50
比率 1/4倍 1/4倍 1/4倍 1/2倍 1/2倍
つまり、英語・国語・数学は1/4倍、理科・社会は1/2倍という計算です。



それに対してA君・B君の得点は
英語 数学 国語 理科 社合 合計
センター試験の配点 200 200 200 100 100 800
A君の得点 160 160 60 60 60 600
B君の得点 140 140 140 90 90 600


A君・B君ともに合計得点は同じですが、これを換算得点に直してみましょう。(英数国は1/4倍、理社は1/2倍します。)


その結果・・・
A君の換算得点 180点/250満点
B君の換算得点 195点/250満点   ということになります。



合計得点は全く同じなのに、換算得点では15点も差ができてしまうんです!!
もちろん、本番で使われる点数は、この換算得点になるので、A君はB君に15点負けている状態で、2次試験に臨まなければいけないことになります。
したがって、センター試験では自分の志望校の換算得点を調べるときは『センターのどの科目で点を取れば、換算したときに有利になるか??』をしっかりとチェックしてから学習を進めていきましょう!!

 最後にセンター試験の勉強を進めるにあたって注意すべきことは『時間配分』です。特に、英語・数学・国語は時間の割りに問題量が多いので、早い人は9月以降、遅くても12月からは本番さながらに時間を計って問題を解く練習をしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zetkai.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする




このページの先頭へ