国語の勉強法

国語の勉強法

国語(現代文・古文・漢文)の勉強法です。

 

Z会ってどれくらい難しいの?今なら『教材見本』present中!

 

国語の勉強法

■国語■


①現代文

英文と違ってとりあえず読めるので軽視されがちですが、実は単語の意味を押さえることが大切です。特に現代文によく出てくるキーワード(客観、相対化など)を自分で説明できるくらい理解しているかは文章全体の理解度を左右します単語の意味を押さえたら実際に論理的に読んでいく練習をします。

接続詞副詞に注目しながら読むことが最初の一歩です。文章を通じて筆者の主張は何なのか、またどのように論理が展開していっているのかを押さえられるようにしましょう。そして実際に解答を作るときには、まず「指示語・論理関係を表す語句に気をつけて傍線部周辺をしっかり読む」こと、これが大事です。そして難関校ではさらに「文章全体を見渡す視点」が必要になってきます。この視点をつけるためには、問題文の各段落の要約をしていき、最終的本文全体の要約をつくるという練習方法が効果的




②古典

これもやはり単語、そして助動詞などの活用といった基礎知識の暗記が不可欠です。英語と同じように、自分の選んだ単語集をつかって反復して覚えるようにしましょう標準古文単語650(桐原書店)」などがポピュラーです。

また古文でもうひとつ重要になってくるのが敬語の理解です。尊敬語、謙譲語を覚えるのはもちろんのこと、文章を読んでいく上では「どちらの方が偉い人なのか」に注目して読みすすめていくようにしましょう。さらに、読解では、古文は現代文にくらべて主語が省略されるケースが非常に多いため、漫然と読んでいるとすぐに話の展開を見失ってしまいます。

常に動詞を見つけたら主語を補うことを意識しながら読みましょう。このときも敬語理解が役に立ちます。これだけで物語の理解度が全然違ってきます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zetkai.com/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする




このページの先頭へ