2016年8月アーカイブ

Z会で勉強して阪大に合格する方法

Z会といえば東大京大合格者数が多いことで有名です。

しかしながら、東大京大にかぎらず、超難関国公立大学の2次試験対策としてZ会の教材は定評があります。


国公立大学に合格するには基本的に

センター試験の点数+国公立2次試験(2次個別試験)

の合計得点で合否が決まることがほとんどです。


センター試験に関しては、それほど難しい問題は出ないため、基本問題の徹底理解と問題演習量が重要になってきます。


その反復をしっかりできれば大学入試センター試験でもしっかりと得点をとれるようになるでしょう。
勉強する人

大阪大学(阪大)を狙うには学部・学科にもよりますがセンター試験でおよそ80%の得点をとる必要があります。

大阪大学のセンター得点率と偏差値は
  •  文学部 セ試得点率 81%~84% 偏差値 65.0
  •  人間科学部 セ試得点率 83%~87% 偏差値 65.0
  •  外国語学部 セ試得点率 69%~86% 偏差値 60.0~67.5
  •  法学部 セ試得点率 81%~87% 偏差値 62.5~70.0
  •  経済学部 セ試得点率 81%~87% 偏差値 62.5~70.0
  •  理学部 セ試得点率 79%~84% 偏差値 55.0~62.5
  •  医学部 セ試得点率 76%~93% 偏差値 57.5~70.0
  •  歯学部 セ試得点率 80%~86% 偏差値 60.0
  •  薬学部 セ試得点率 85%~90% 偏差値 62.5
  •  工学部 セ試得点率 80%~82% 偏差値 60.0
  •  基礎工学部 セ試得点率 80% 偏差値 60.0
大阪大学の場合基本的にはセンター試験より2次個別試験の配点の方が高いので、センター試験で高得点をとっていたとしても安心できません。

センター試験で90%以上とったのに大阪大学に合格できなかった(不合格)という話は珍しい話してではありません。


大阪大学に確実に合格するためにはセンター試験でしっかり得点(80%以上)することも重要ですが、2次個別試験(阪大の試験)でもしっかり得点する必要があります。

そのためにはセンター試験型の勉強だけでなく、2次試験型の問題にも対応できるようになる必要があります。

2次試験型の問題にも対応できるようになるには

センター試験型の対策勉強で「基本問題の徹底理解と問題演習量」という話をしましたが、難易度が高い応用問題にも対応できるようにならなくてはなりません。

そのためには阪大型の良質な応用問題を多く解いていく必要があります。


ここで注意しなくてはいけないのは、阪大を目指すからと言って基礎力もないまま、阪大型の問題に手を出してはいけないということです。

阪大を目指すからと言って実力もないのに阪大型の問題を相手にすると、時間はかかるし、時間をかけて解いたのに理解できないという落とし穴に落ちます。



ですから、阪大型の応用問題に着手するにはしっかりと基礎を固めてからにしましょう。

阪大型の応用問題として一番お勧めしたい教材は

大阪大学の過去問題です。

これは文系・理系を問わず、大阪大学を目指す人にとって最良の教材となります。


そして次にお勧めするのがZ会(ゼット会)の阪大型問題を解くことです。この問題は阪大入試の予想問題となっており、かなり良質の問題です。

Z会の問題だけで足りない場合は

河合塾の阪大オープンという模試の過去問題集や駿台予備校の阪大実戦という模試の過去問題集をやりましょう。



とにかく、基礎力がついたら阪大型の良問を数多く解いていくことが大阪大学に合格する方法といえるでしょう。


阪大に合格する人はこの「、基礎力がついたら阪大型の良問を数多く解いていくこと」をしっかりできた人がほとんどですよ!


それでは皆さんんが大阪大学に合格できることを願っています。


タグ

, , ,

2016年8月12日

Z会活用勉強法 (09:19) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:大阪大学

Z会と進研ゼミどっちがいい?

通信添削といえばZ会と進研ゼミです。

よく議論されるのが、「Z会と進研ゼミどっとがいいの?」ということです。

519645.jpg

結論から言いますと、Z会も進研ゼミもどっちもいい教材です。

Z会の教材をお勧めしている

Z会をやる前に読むサイト【超!Z会有効活用】大学受験編

ですが、進研ゼミもとてもいい教材であると認めています。


狙う志望校や現在の学力、学校や塾の方針によってどっちの教材の方がいいという多少のお勧めはあります。

これはまた機会があれば説明していきます。

ただ一つ言えることは、Z会と進研ゼミはどっちもいい教材であるけれど「両方とも」はやる必要はない。ということです。


z会と進研ゼミはどちらもかなりのボリュームです。両方こなすのは至難の業です。

もし余力があるのであれば同じ教材を

繰り返しやりましょう!

Z会と進研ゼミどっちをやろうか悩んでいる人へのアドバイス


いま「z会と進研ゼミどっちをやろうか?」と悩んでいる人はまずは両方の教材(無料見本)を取り寄せてどちらが自分にあっているか見比べてみましょう。



タグ

このページの先頭へ