2014年センター試験平均点と今年の難易度・国語・生物・地学が難しかった!

2014年センター試験平均点の中間集計が発表されましたね。

今年は昨年に引き続き国語の難易度がやばかった。小説の分量は多いし漢文は難しいし、国語で大きく失敗したという声が多かった。

国語のセンター試験平均点は97点!!2014年センター試験平均点中間発表

まだ中間発表ですが昨年の101点より下がっています。

ということは今年の国語は 昨年並み か やや難化 ということになるでしょう。


また、理科でも生物と地学が難しかった。

とくに地学はかなり難化したので、二次試験対策で地学の勉強をしっかりしていた人以外には相当苦しかったようだ。


国語はみんな失敗しているので受験生間で差はつかないが、理科については化学の平均点が70点を超えているだけに、科目選択による差が大きくついてしまった。

  • 物理Ⅰ 63.03
  • 化学Ⅰ 70.74 
  • 生物Ⅰ 55.53 
  • 地学Ⅰ 52.31

化学Ⅰと地学Ⅰの平均点の差が18点。20点以上差がついたら得点調整の可能性が出てくるだけに、受験生にとっては納得いかないセンター試験であったかもしれませんね。

国立大学の出願は2014年1月27日~2月5日です(出願期間)。

遅れずに出願しましょう。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zetkai.com/mt/mt-tb.cgi/41

コメントする




« センター試験の難易度変化。2014年センター試験初日が終了しました。 | ホーム | 東大・京大の出願が始まりました。 »

このページの先頭へ